読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらんこ。の部屋(るーるるー♪)

執筆活動とたこ虹家族&鯛員&モノノフ活動とその他もろもろ

たこやきレインボー大阪城野音2Days OIF(オオサカアイドルフェスティバル)ライブレポート

空席作ってなるものか!! と意気込みつつも、初日はまあええやろと6枚ほどのチケットでお知り合いに声をかけたりさきてぃの生誕で出会った中学4年生くらいの男の子に進呈したりと。(2日目は地元の仲間と総勢5人+αで楽しんでもらえました。多分二日合わせて16枚くらい買ったようです。馬鹿です。でも全部虹家族さんの手に渡ってれんれん推しが3人も増えたので満足です)

 

天気に恵まれ、熱いくらいの大阪城公園

 

開始が若干遅れるも、だらだらしたノリで始まるも。

陣内が出てきてオーってなる。途中NMBの話とかして微妙な空気なったりするのもプラスに捉えられるのはまいまいのポジティブワードで日々精進してるから。

 

とにかく!

 

OIFが開幕。

1.「Born This Way」

 

何が始まるのかわからないというていの陣内のMCで、あの『LA くるみ from LA』さん(多分L.A KURUMI.のはずなのですが公式ツイッターの表記がこうなってた)が、バイク(多分ハーレー)に乗って登場。

大きな旗をはためかせ、しかも運転するのはダディ(ほんとうのお父さんっぽい)。

普段バイクに乗ってるのか乗ってないのか。

スタッフに押されてバックで帰るところでもひとわらい。

終始日本語喋れないから通訳交えて話すあたりでもくすくす笑い。

曲前に一旦はけて、ダンサーを引き連れて再登場!!

 

オバチャーンキターっ!

しかも人数が凄い多い!!

https://pbs.twimg.com/media/CMcCXWvU8AAxUm3.jpg

 

レディガガさんの曲なんですってね。で、序盤はマイクが入ってないというまさかのグダグダ展開。

まあ、盛り上がりましたけど。

ちなみにLAはロスじゃなくってりんくうエリアらしいです。RAじゃないのか? とおもったりおもわなかったり。

2.道子とクラリス

続いては道頓堀歌劇団

こちらも、陣内と女性MCの二人とのトークから始まります。

宝塚歌劇団との関係を問われて、受験したけど落ちたとか、二人は「カニ組」だとか、3才? からやってるとか、誰が台本を書いたか知らないですが、そこそこの笑いが生れました。

でも個人的に見どころは、道頓堀歌劇団のれんれんさくちゃん以外のメンバー。

総勢4人くらいで安っぽい小道具で舞台を彩ります。

道子登場時に、後ろの二人が笑い飯の奈良歴史民俗博物館の人形のような動きをしていたのがツボりました。

あと、北斗七星に導かれ~のところで星を持ってたのですがいまいち何の形を作っているのかわからなかったとこも。

 

3.100万かいの「I love you」

https://pbs.twimg.com/media/CMcCXj7UcAAGZkk.jpgi

和泉紗乃さんが、ゆっくりと登場!

なんと芸歴30年!!1985に「犬吠崎で泣き止んでデビュー」。

図書館で地道なドサまわりを経験し、地味にスナックとかはあんまりいかず。

ようやくOIFという大きな舞台に立つことができたらしいっす。

なんちゃらなんちゃらとかいうギタリストを引き連れて、演歌調のイントロが始まり、曲紹介が入って「それでは歌っていただきましょう! 100万回のアイラブユー」「円かちゃうんかいっ!」の流れが良くできてました。

 

桶にひしゃくで水撒きという、大御所感?

かかった人はレアな水滴だと思います。センターステージから7列目くらいだったけど全然届かなかったから。

後に発動したどっかーんていうウォーターキャノンも前方席にしか届かずに。さくちゃんの放水はびしょびしょになるくらいの威力でしたけど。

4.まいまい

陣内も安心するほどの、アイドルオブザアイドル。

大阪ナンバーワンアイドル、まいまい。

まいまいキッズも4人に増えて。どこでみつけてきたのか、キレッキレのダンス。

特に一番小さいこの「赤ちゃんはーいはい」のとこが可愛かったそうです。と私は見逃したのですが隣の一緒に行った虹家族さんが言ってました。(まいまい推しなのになんでそこみてるの?)

https://pbs.twimg.com/media/CMcCXj9UwAEE_UU.jpg

曲中に巨大なビーチボールが三つくらい客席に飛び込んでくるのがよかったですね。結構多くの人が触れた(弾いたり上に持ち上げたり)のではないでしょうか。

 

5.「たのしかしましオオサカ~」

最後は本日限りのスペシャルユニットとして、新曲を披露。

なんだかほっこりする名曲でした。毎年の夏のフェスティバルの最後に相応しい。

 

6.ラジオ風CM

たこ虹への変身(着替えと休憩)の間にMCで繋ぐのかなと思ってたら、なぞのドラマが始まりました。

バイクショップくるみ? 

バイクのりと伝説の整備士のなんかどうでもいいような感動風っぽいお話。

かとり線香かなんかのCM。おばあちゃんがどうとかこうとか、さきてぃ主役の赤ずきん風の感じ。茄子の店とごっちゃになってますが。

宝塚の滑り止め道頓堀歌劇団さるすべりの花が散るころ~♪

そして、圧巻のまいまいアナウンス専門学校?

飽きずに聞き入りました。突っ込みいれてる陣内ちょっと黙れ! と思ったほど。

 

7.オバたこ

たこチュアーからの、オバたこ

8.絶唱!

9.レイレボ

10.365Go!

 MC挟んでタオルまわし。

11.元気売り

12.カルナバル

13.たのしかしましオオサカ~

MC挟んで、たこやきレインボーバージョンで

EC1.なにはに

EC2.たこおろし

 出演者全員で。くーちゃんが陣内をセンターステージに引っ張って行って。

 

大円団かと思いきや、まさかの時間余ったからもう一回カルナバル。

賛否あったようですが、明日に続く感じで良かったと思います。

二日目に行けない人はくらくなってたことだしちゃんと走れ聞きたかったでしょうけど。

そこは温存の方向で。

 

全体的にわちゃわちゃして、イベントっぽいくておおさかっぽいくて。

わたしてきにはとても楽しめたライブ(ふぇす?)でした。

堀さんが歌をとちりまくりだったのは(水鉄砲が手動ポンプだから?)、あれはあれでくーちゃんらしくてよいかと。もうちょっと構えとけよ! とも思いましたが。

センターステージでさくれんが漫才してる時にぼーっとしててまいまいにセンターに行くように誘導されてたぐらいですからね。まいまい有能、まいまいしっかりもの。

 

とにかく、たこ虹の出番が少なかった分曲が濃密で。これはこれで夏の定番にしてほしいですね。

メンバーがファンと一緒に気負うことなく楽しめるゆるゆるイベントがあってもいいと思います。それがたこやきレインボーのいいところだから。

 

おわり。