読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらんこ。の部屋(るーるるー♪)

執筆活動とたこ虹家族&鯛員&モノノフ活動とその他もろもろ

なにわンダーランド2015 ライブレポート

※セトリはナタリーさんから

 

2015.11.21 この一日は歴史に残る一日となった。

 

機器の調整とかで、15分ほど開場が遅れる。

指定席だったので、620円払って近くのアトラクションなんかで暇をつぶしたり、辺りが暗くなってきてようやく入場。さすがに東京ドームシティホール。凄い人でしたが、後半の入場はスムース。

さすがに、規模がデカいライブ(たこ虹にしては)かつ関東だったので、虹家族ちゃうやんけ! 的な服装(ももクロ装備とかエビしゃちパーカーとか)の人や普通の恰好の人が多かった。この人たちを惹き込めれば、たこ虹は躍進する。そういう可能性も垣間見えつつ。

0-1 ナレーション

グダグダなトーク、コテコテの小芝居をお楽しみください! などと、自虐系のナレーションが入る。

エビ中のキングオブ学芸会に通ずるところはあるものの、こちらはライブは全力(最近のエビ中ももう学芸会レヴェルなんてとうに通り超えてますが)で、あとは関西のノリを楽しめって感じのいい演出でした。

 

あと、その前にたこやきアプリ「番長レインボー軒」の告知映像が入ってたかも。他のとこだったかも。忘れた。

 

0-2 たこチュア(tacoture

ボルテージは一気に上がる。光るペンライト。轟くうりゃおい。

あ~~~~~!! まいどおおきにぃ!!

既に、会場の雰囲気は熱気に包まれる。

 

1 オーバー・ザ・たこやきレインボー

 ステージに現れる5人。

 ステップを設けられたスクリーン前の檀上で。

 さきてぃの美声が響き渡る……。

 さらに……。

 クリスマスバージョン? クリスマスバージョンなのか!

 教会にいるかのように錯覚させるほどの、コーラスがメロディにかぶさって。荘厳な雰囲気が。

 これは……、このまましっとりと……。

 と思いかけた瞬間。

 いつもの聞きなれた伴奏が鳴り、オバたこは、オバたこへと戻っていく。

 出だしで涙した人も多いはず。

 

2 ナンバサンバイジャー

 このまま攻めきるのか? と思ったところでサンバイジャーで一息。

 いや、つかみどころのない曲だけど、聞けば聞くほど名曲。

 TDCHでさくちゃんの圧巻のパフォーマンスから始まるこの曲。

 さすがに新曲だし、音源もないし初見の人も多かったと思うけど。

 熱くなった魂はそんなところでは冷めない。

 盛り上がりを継続しつつ……

 

3 絶唱!なにわで生まれた少女たち

 ここで、絶唱を投入!

 現時点でなにはにと並んでたこ虹のキラーチューンともいえる絶唱。

 ここで、自分と隣りで連番してた友人が共に声が枯れるというアクシデントに見舞われるくらい、全力で盛り上がり。

 オバたこで一つになった虹家族とたこ虹、TDCHがさらに強く結ばれていく。

 

MC1

MCパートそのいちが始まる。

グダグダだけど、安定感のある謎な魅力を持った彼女たち。

台本押しきせなのか、大体の方向しか決まってないのか、奇妙なテンションのトークが続き、クリスマスの準備をしよう!

と、ライブパートが再開する。

(のちに語られるであろう、クリスマスの準備とはなんだったのかブロック)

 

4 あきんどチャチャチャ

 キター!! 持参したそろばんは無駄じゃなかった。去年干されてもうほぼ聞くことができないかと思われたあきんど。

 もちろんメンバーが手にするのは、野音で解禁された、ロングバージョンの多少お金をかけたカラーそろばん。

 さすがにそろばん持参の虹家族は少なかっただろうけど。

 とにかく買い出し繋がりで、無理やりこじつけてぶっこんだあきんど。

 他の人がどうしてたかわかんないですが、全力でそろばんチャチャチャしてました。

 

5 ナンバでサンバ2

 クリスマスの準備どこ行った? パート2

 季節もなんにも関係ない。

 だけど、盛り上がる。なんかもうこの曲って、THE BOOMの風になりたいぐらいのポジションですよね。

 彩木さん、春名さんが客席に飛び込むという、去年の青年館と同様の演出も。

6 ジュージューシー!!

 クリパといえばたこやき。というわけでもないけど、そういう筋書きなのだろう。

 クリスマス準備の締めは、ジュージューシー。

 全力でたこやきMIX(ジュージューVer)

 ステージモニターを取り巻くツリーの電飾に光が灯る。

 

MC2

 ライブ当日がクリスマスイブという体(てい)で話を進める五人。

 この時点でありえない。たこ虹ワールドの開幕です。

 サンタさんを呼んでいたはずが……。

 彩木が手帳を確認すると、なんと今日は11月21日だったっ!

 サンタさんの予約を一月もミスるという大失態。

 気を落しつつも、クリスマス準備再開と掃けていく五人。

 

 

舞台に現れた小さな影が四つと、大きくスリムな影。

来た? くるの? まいまいまいんにされちゃうの?

 

7 まいっちんぐ☆まいまいマジック

 まいまいのまいまいによるまいまいと虹家族と宇宙平和のための楽曲。

 キッズダンサーは野音と同じ4人。

 新曲じゃないのか~と落胆なんてする必要性は全くなく。

 おそらく今後この曲を超える曲なんて現れないだろう。(あーりんがだてありを今だに最強持ち歌にしているように。反論は受け付けます)

 とにかく、コール&レスポンスとかクリスマス使用で、まいまい推しもそうでない方も、まいまいワールドを全力で。

 クリスマスと五文字違いのダンスはおにぎりではなくクリスマスツリー。(振りは一緒)

 

8 道子とクラリス~魂の激闘篇~

 渡る世間は鬼ばかりのオープニング曲にのって、前回(感動の再会編)のあらすじがスクリーンに映し出される。

 しかも、ちょっと盛ってるwww。

 光る七つのイボとかwww。

 

 でもこの曲が始まった瞬間、期待感は最高潮。

 何言ってるのかわからないでしょうけど。ありのままにかくぜ。

 前曲のサビからミュージカル調に始まった道子とクラリス第二章。

 道子の家に辿り着き、ごみ箱ライクでうさぎだらけの部屋で。

 あの暗黒の大王が目覚める。イボコロリンの封印が解けた。

 が、二人は聖なるイボの力で変身。聖衣(クロス)を身にまとい(装着が時間かかるからかなりの間延びしつつ)、必殺技で応戦。イボに変わっておしおきよ!

 一時は倒せたかと思った大王であったが、道子の体に憑依する。

 道子を傷つけるわけにはいかず、攻撃を躊躇するクラリス

 が、そんな中、最後の力を振り絞って道子の意識が表層に出現する。

「もう時間がない! これ以上食い止められない。あたしもろともイボコロリンを葬り去って!」

「そんな! できないわ!」

「やっと出会えた家族のあなたを守りたい! こうなったら! エバーグリーンファイナルハリケーン!!」

 自らの命と引き換えにイボコロリンを撃つ道子。

 道子の尊い犠牲により世界は救われた。

 道子の亡骸にすがり、泪するクラリス

 失ったものの重大さを噛みしめるように。

「姉妹~♪ 姉妹~♪」

 レクイエム(鎮魂歌)を奏でるのであった。続く。

※うろ覚えです

 

 もう、置いてきぼりになった虹家族、そこそこ虹家族が大量発生。

 変身ぐらいまではヒャダインバカやってるな。で済んだし。

 体を乗っ取られて一瞬だけ意識が戻るなんてテンプレもいいとこだし。

 セラムンなのか聖闘士なのかもうわからんし。

 

 ただ、道子の死で涙した虹家族は私だけではなかったようです。

 

9 an umbrella

 一回バルコニーの階段がスクリーンに映し出されるとそこにはさきてぃ、くーちゃんの姿が。

 スタンドマイク(土台なしのなんちゃって)を手に、an umbrellaだかrainydayやんだか。

 ワンコーラス目は歌詞もスクリーンに表示されて、ああそっち系かと。

 滅茶滅茶かっこいい、EDMチューンでしかもしっとりという奇跡の楽曲。

 歌詞が残念。(ほんまあほなことばっかりやってって思うけど、あんたらはこれでええ。これでええんです)

 15のメランコリーとはまた違った魅力。

 マイクをかさに見立てたり、二人で決めポーズ。手をクロスさせて二人で頭の上でハートを作るとか。メランコリーでもあったばっちりのコンビ。

 堀さんの歌の旨さにさきてぃが追いついて来て、すごいバランスでもう圧倒。

 相変わらずの無表情。

 あの超絶飛び道具である道子とクラリスの余韻をぶち壊すかのような世界観をみせつけ、虹家族もそうじゃない人も巻き込んでライブステージを作り上げてました。

MC3

 小芝居は続く。

 飾り付けは終わったけどサンタはこおへん。

 なら、大きな声で歌えば届くんじゃない?

 

 なんかそんな感じの展開から、本日最高潮のブロックが始まります。

 

10 365Go!

 タオル回し曲。全力。

11 叫べ!ガウガール

 ガウガウ!

12 めっちゃPUNK

 拳を突き上げて叫べ!

13 踊れ!青春カルナバル

 言わずと知れたアップナンバー。

 

MC4

 たこ虹のパフォーマンスが、虹家族の熱狂が。サンタに届いたのか?

 だけどもう一歩足りない。

 まいまいマジックで、ペンライトで鈴の音を鳴り響かせ、虹家族とともにクリスマスツリーを七色に染め上げるという奇跡(予定調和)。

 サンタ登場。

「サンタさんも毎年クリぼっちやねんな」根岸よく言えました。

 

14 クリぼっちONE DAY!!

 PVのサンタさんとは違う人だったのか踊らなかったけどね。

15 元気売りの少女~浪花名歌五十選~

 ここで元気売りか~。クリぼっちのサンタさんを応援しようという演出上なのでしょうね。

 

16 なにわもジングルベル

 間奏でトロッコに乗って、プレゼントを配るメンバー。

 曲中に「まいど! おおきに! たこやきレインボーでした!」と〆の挨拶もいれ、本編ラストチューン。

 

アンコール

 

17 たこ虹物語~オーバー・ザ・関ヶ原

 神。根岸のドキドキには『俺も!!』七連でしょう。

18 なにわのはにわ

 始まったと思ったら終わってたくらいの盛り上がり。

19 ちゃんと走れ!!!!!!

 

MC

 最後の挨拶。

 根岸の富士山の写真のところでさくちゃんがうるっとくるものの。

 まいまいとれんれんは普通に挨拶。

 さきてぃ泣き崩れる。さくちゃんも。くーちゃんも。

 会場が涙に包まれる。(詳しくはナタリーさんか円盤を待ちましょう)

 みんな、あんなに楽しそうにしてるのに。みんなこんなに笑顔にしてくれてるのに。

 やっぱり年端もいかない女の子。悩みも多いんでしょう。

 だけど大丈夫。虹家族がついてるから。

 

「それでは最後の曲です」

 とそこでサンタの声が。

 プレゼントのカードを開き、読み上げると。

 東名阪zeppツアーの開催決定の知らせが。

 またひとつ夢を叶えた7人。

 

 涙でモニターが滲んでかけねーや。

 

20 たのしかしまし大阪~おいでやす~

 再びトロッコで。

 

 感想とかは後日で。