読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらんこ。の部屋(るーるるー♪)

執筆活動とたこ虹家族&鯛員&モノノフ活動とその他もろもろ

なにわンダーランド2016@中野サンプラザ ライブレポート

まいど! おおきに! ぐらんこ。あらため、只野です。

(最近知り合った人には只野さんって呼ばれる……)

 

完全に個人的な事情なんですが、開催日の10月30日。この日は前日に、ばってん少女隊のワンマンライブ×3(しかも最後はおっしょい!祭)に行っていたのです。

基本DD(たこ&たいに重きを置く)なのですが、まあおっしょい!が楽しすぎて、前日からあれをたこ虹が超えていけるのか? と不安がありました。

 

博多から飛行機で開場時間ぐらいに到着。飛行機は乗り慣れていないから苦手。

 

開演前。中野駅を降りた瞬間から沢山の虹家族の姿が。さすがにキャパ2000オーバーでしかもほぼほぼソールドアウト(当日券は機材席解放)ということで、隣でやってたお祭りみたいなのと合わせて、ライブ前の高揚感を演出してくれます。

 

会場に入ると、行ったはずなんだけれど良く覚えていない東京ドームシティホールとは違った広さが。

巨大スクリーンには新曲が歌詞とともに流れており、放り込んでくるんだろうなと予感させます。

正直不安です。ライブで新曲で盛り上がった経験が少ない。いや、そうでもない。ような気もしないでもない。

 

とにかく、開演。オンタイムっぽかった。

 

会場が暗くなり、デデデデーン、アスティフォービアーラーンってゼップツアーでも流れた曲が流れてきます。

そろそろ曲名を知って歌詞を覚えたいところ。ほんで、ナレーション。

か・ら・の。

01. overture

なんとなく仮面舞踏会っていうノリなのでオバチュアはアンコール前にやると勝手に思ってたんですが、関係なくやりましたね。いや、結果オーライでしたが。

02. 尼崎テクノ(新曲)

で、オープニングチューンに新曲。初見だ。入場してから2~3回聞いたけど。

あまがさき言い続ける曲だってのは知ってたけど。

メンバーは仮面をかぶって登場。ドレスが色分けされているので誰が誰かはわかりましたが表情が見えない。どこで脱ぐのか? ももクロの五次元ツアーがよぎります。(言ってないけど)

前日の余韻もどこ吹く風。やはり私はたこ虹が好き。関西が好き。あまがさきにしのみや。

縁もゆかりもない地名を連呼されて、盛り上がれるとは思っていませんでしたが、そんなことはなかった。お城でドレスであまがさきってなんやねん! これが一番のたこ虹の良さであり、魅力である。


03. どっとjpジャパーン!

かと思ったらどっとJP入れてくるでしょ。未だにフリコピ以外の楽しみ方がわからない曲ですが、フリコピの楽しさを200%享受できるから平気。


04. にじースターダスト

ここでにじー来るか。

ライブハウスで聞いたのとはまた別の印象。緩い縦ノリが楽しい。


05. 大阪パロディ版「パート・オブ・ユア・ワールド」(清井&堀)
06. ※パロディ曲目不明(彩木&根岸&春名)
07. オーバー・ザ・たこやきレインボー
08. ナナイロダン
09. ジュージューシー!! (メンバー客席へ)
10. 元気売りの少女~浪速名歌五十選~(メンバー客席へ)
11. めっちゃFUNK
12. めっちゃDISCO(新曲)
13. 恋するビリケンさん(新曲)
14. ナンバサンバイジャー
15. 桜色ストライプ
16. たこ虹物語~オーバー・ザ・関ヶ原
17. 365 Go!
18. めっちゃPUNK
19. 踊れ! 青春カルナバル

En1. ちちんぷいぷいぷい(新曲)
En2. なにわのはにわ
En3. 絶唱! なにわで生まれた少女たち
En4. ちゃんと走れ!!!!!!
(MC)自己紹介(※堀、新自己紹介発表~12/21 1stアルバム発売発表~メンバー挨拶)
En5. たのしかしまし大阪~おいでやす~

 

全然覚えてないので、曲に対する自分の想いになってしまいましたがそんな感じ。(後日追記予定)

セトリは、

ameblo.jp

さんからいただきました。

 

総括すると、すごいチャレンジブルなライブだったと思います。

新曲を1曲目にもってきたのも、4曲もぶっこんできたのも。

寸劇を最小限にしてライブを前面に推しだしたのも。

仮面舞踏会というコンセプトを最大限に活かす工夫だったんだろうなと。

ファインプレーはくるみ様のライブ前に新曲を流すという提案。

あと、アンコールからのいつものたこ虹感。あれがあって安心した。

正直、構成としてはいろいろ突っ込みどころはあるけれど。

今までのたこ虹を最大限に活かしつつ、コンセプトライブに仕上げたという点ではまあまあ成功したのではないだろうか。

たまたま席が良かったので(12列目だけど通路側だったので広かった。あとずっと番長が横か斜め後ろに居た)、全体を俯瞰しつつ踊り狂えた感じ。

あえていうとよそいき(よそいき:関西人以外でも使うんだろうか? おめかししたみたいな意味)のライブだった。

夏の野音やゼップツアーがあったからそれは当然なのかもしれない。

セトリとかセットとか、パフォーマンス抜きにしても、過去のなにわンのなかで最高かそれに近い感じだったと思う。

2014は、手探りで全力感を出していたし、2015はクリスマス寸劇がある意味空回りしてたから。(2015みたいなのやるんなら演出にもヒャダさんみたいな人居れるべきやな)

曲順がどうこうとか演出がどうこうとか以前に、やれることを全力で、しかも高水準でというチャレンジ。

ある意味ではノンストップな、限りなくシームレスなライブ。堀さんがめっちゃ水飲んでたのはのどの調子が悪かったからなのか、やはり体力的に厳しかったのか。

過去最高を更新はしなかったけど、過去最高に並んだ素晴らしいライブでした。

 

 

 

たこ虹は私にとって特別なアイドルです。

度はまりしかけたももクロの系譜を受け継ぎながら、地元関西で、しかも結構早い時期から参戦させてもらった。

正直最初はまだまだだなって印象が強く、曲も少なく。オタク活動の仕方もわからず。

クアトロのはじめの一歩なんかは、観とかな後々後悔しそう。そんな思い。

ダンスは個人個人そこそこでも、歌も不安定。伸び白だらけ。

始めはもう少し寝かして成長を待とう。

それから徐々に支えていかなきゃ。そんな思いが強くなった。

だけれども。

今のたこ虹は純粋に楽しませてくれる。理事長が言っていたように、パフォーマンスはもう桃蝦鯱と遜色ないレヴェル。贔屓目に見れば部分部分では勝っているところもある。

足りないのは何か? 

メジャーレーベルのプッシュ? いや違う。

圧倒的な歌唱力? ダンスフォーメーション? 客への煽り?

確かに、そういう尖った部分で楽しませてくれるグループは沢山ある。

(先日見たせのしすたぁとかで思った)

 

でもあたし個人の見解かもしれないけれど、たこ虹に求めているところはそれではない。

確かに、歌もダンスももっと上手くなるはず。盛り上げるためにもっと煽りを入れたら新規も地蔵も湧くとは思う。

でもね。なんか違うの。

一緒に居られる幸せっていうのかな。

苦労してるんだよ。たこ虹は。そりゃ他のアイドルに比べたら恵まれてる。

2000人ぐらいのライブが定期的にやれる。

逆に言うとそこで止まっている。

何故か? それは無理をしていないからなんだと思ってる。

いい意味でも悪い意味でもマイペース。

飛び道具なんて使わない。あえて使わない方向に舵を切った。精々関西色とか、DJKOOさんとのコラボとか。

それは運営がやっていること。

彼女たちはあんな歌を歌ってあんなフリをしているけれど、正統派。

アイドルの王道を進んでいる。

それは自分たちの力を信じているからできること。

自分たちの力を信じていないとできないこと。

ももクロスタートだから他のやり方を知らないっていうところもあるのかもしれない。

だけど、知ったところで今はそれを選択しない。

 

果てしなく遠い道だけど、たこ虹は甲子園を虹家族で埋めたいんだと思う。

ファンと虹家族。単に言い換えただけだけれど、そこに秘められた意味は天とすっぽんぐらい違う。

彼女たちの道のりに一喜一憂し、ともに夢に向かって歩き、同じ感情を抱き、同じ悲しみ、同じ悩みを共有する。まさに家族。血の繋がった家族よりもある意味では深い関係。

そんなファン(虹家族)を増やしたい。そうあるべきだと思っている。支え合いたいと思ってくれてる。

 

そのために、彼女たちはありのまま。無理をせず。一歩一歩進んでいる。

だからこそ、虹家族は絆を深め(ていると勝手に思い)ながら彼女たちに付いていく。

応援する。

決して押し売らない。与えるのは元気と希望だけだ。

その姿勢は、謙虚さは、しゃちほこまでのグループと自分達との売れ方の違いに起因しているのかもしれないし、メンバーそれぞれの性格に起因しているのかもしれない。

どっちでもいい。

そんな彼女たちをずっと追いつづけ、見つめ続け、沢山の笑顔を与えて貰う。家族とか言いながら自分達は何もお返しできていないけれど。

一緒に歩んでいくのが精いっぱいの恩返し。でありながら、いつもいつも与えて貰ってばかり。

 

甲子園は虹家族で埋まるんだ。

そのために彼女たちは一歩一歩、今できることをやっている。悩みながらも。

あえて言うと、一度でもたこ虹を見たことがある人は虹家族なんてのは幻想。

だけど、近い将来、いや、もう既に一度たこ虹を見れば虹家族になってしまうという時期来つつあるのかもしれない。知らんけど。

 

誰かが迷走したとき、伸び悩んでいるとき、親身になるのは家族や近しい友人。

外野は面白がっていろいろそれをネタにして遊ぶけどね。

考えてみて。たこ虹のことを考えている自分を。

 

きっと他のアイドルに対する気持ちと違うから。

1%でも本気で、2%でも親身になって心配してるから。120%の喜びを感じてるから。

そういうあなたはきっと虹家族なんだよ。

 

#ライブレポート

#とは