ぐらんこ。の部屋(るーるるー♪)

執筆活動とたこ虹家族&鯛員&モノノフ活動とその他もろもろ

Prime Reading? ああ、そうか、電子書籍普及への道(のひとつ)

最近、電子書籍はBOOKWALKERで買うことが多いので、amazonkindleについてはあんまり利用してないし、そもそも情報を知ろうと思ってなかった。

 

アンリミテッドみたいなのが、期待はずれだったり、いろいろ揉めたりしてるのを見たりしたぐらい。

 

で、今回、プライム会員限定だけど、Prime Reading? というのが始まったらしい。

 

プライムビデオと同じぐらいのものを期待したらそれは全く違ったようだ。

そもそもプライム動画はどうやって儲けてるんだろう。

会員を増やすための投資、あとは広告か。といっても、プライムビデオ内で、アマゾンプライムビデオの独自番組の紹介している広告ぐらいしか見たことないけど。

 

まあ、プライム会員を増やすことは、amazonにとって利があることなんだろう。将来的なことも考えてて。

 

閑話休題

 

始まったということで、プライムリーディングのラインナップを見に行ってみた。

小説には、たしかドラマ化もされてた池井戸潤の神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ があり、乙一江戸川乱歩全集やら、そこそこ知ってる作家さんの作品、中にはキンドルダイレクトパブリッシングのインディーズ本も混ざってたりした。

ただ、コンテンツが全部で100冊というのは、少々どころか、まったくもって物足りない。今後徐々に増えてはいくのだろうが。

 

で、漫画を見てみたら、192作という小数で、ラインナップも微妙なのが多い……かと思いきや、ドラゴン桜描いた人の漫画とか、カイジ、金と銀など結構有名なものが登録されている。

 

3巻まで!

なるほど!

 

これはアレですやん? 入り口は無料、そこから課金させていくシステムですやん。

別ジャンルでいえば、基本無料のスマホゲー。DLさせて楽しませて、課金に至らせたら勝ちっていう。

 

最近出版社でもWEBで無料公開してる漫画が多いですよね。

1話だけとか、1~10話と最新話だけとか。

気になったら立ち読みできるスタイル。

 

ブックウォーカーでも、アマゾンでもちょくちょく1巻無料とか途中まで無料とかのキャンペーンはかつてもそこそこ見た気がする。

 

これから読者は、

1)1巻無料の漫画を見つけて読む(無料)

2)3巻ぐらいまでキンドルで読む(微課金)

3)4巻以降は……

 

という、電子書籍に対する、無知、無理解、食わず嫌いを克服するための道が作られたわけだ。

 

そういう意味で小説のラインナップも振り返ってみると、シリーズもののうちの一つだったり、ヒット作が多い作家さんだったりするものが多かったのかもしれない。

 

そういえば、昔は週刊誌(ジャンプとかサンデーとか)買って(微課金)、気に入った漫画は単行本買うという流れがあったんだろうけど、週刊誌の売れ行きも落ちてるし、完結済みの名作が山のようにあるから、そういうのを今後売っていくためにとても必要なことなのかもしれない。

 

紙の本でこういうことってやりにくいだろうから、漫画や小説自体にとっても良いことで、電子書籍ならでは、だと思います。紙書籍だけでやろうと思うと、せいぜい書店に薄いサンプル本を置くことぐらいしかできないし。

 

 

 

以下、余談。上記にまして悪文。

 

漫画雑誌なんて読まないよーっていう中高生増えてると思うんですよね。

スマホで手軽にゲーム、SNSが出来る時代だし。

でも、漫画だったらcomicoとか、各出版社のサイトとか、小説だったら小説投稿サイトとか無料で読めるものがいっぱいあって、そこそこ利用者は居ると思う。

 

広告収入って今の世の中ですごい重要だし、話はそれるけど、海賊版や違法アップロード撲滅のためには、そういうのがあると悟られない世の中にしていく必要もあると思う。正式なサイトで無料で提供して、続きは課金で! みたいな。

 

3巻まで無料で読めたとして、その後の選択枝としては、古本屋で買うか、漫画喫茶行くか、紙なり電書なり、ちゃんとしたとこで買うか、いろいろいろあるんだけれど、

 

まあ、どっちかというと、そこそこ暇を持て余してお小遣いに自由のきく大人向けの入り口が、プライムリーディングとやらか。

 

プライム契約してる人ってそこそこ多そうだし、今まで電子書籍に見向きもしてなかった人が、1巻だけならいらんけど、3巻まであるんだったら試しに……とか、

今後は、多数のヒットシリーズを生み出している作者さんの漫画とか小説をドーン! と完結まで読めるようにして、電子書籍読者として取り込みつつ、他のシリーズを売りつける、みたいなことも考えていると思われ。

 

漫画喫茶行くの面倒だし、電子書籍でいいやってお金払う人も増えてくるだろうし。

 

一般人が新作の漫画なり、小説なりに出会うのって非常に機会が限られている。

(アニメ化、映画化、ドラマ化、SNSでの話題作とか)

そこの入り口を作るのが無料だったり、ついでの微課金で済む電子書籍になっていったら、電書の普及も広がっていくかもですね。

amazon以外でも追従するストアが出てくるだろうし。既にやってることのアレンジなんだろうけれど、別の用途で登録会員が多いプライム会員ってのを抱えてるamazonはやれること多くてずるいなーと思う。

プライム会員増やすための一環として、費用ねん出できるんでしょうし。

ほんで、3巻までとはいえ無料が沢山あるんだから、月々数百円の会費でだったら十分元が取れるところも凄い。

アマゾンで買い物しない層も、ビデオ見たかったり、プライムリーディング目当てで登録することだって考えられるから。

ほんで、買い物はアマゾンでって流れになったらアマゾンさん大儲けだし。

 

日本の企業ももっと連携して頑張ってくれたらいいと思う。

出版社毎、ストア毎、サイト毎の努力、企画はいろいろあるんだけれど。

アマゾンばっかり儲けさせて良いのかよと。そもそも、まずは自分とこの利益を追求して……は必要なことだけれど、そこに囚われてると、美味しいとこ全部アマゾンにもってゆかれる未来しか見えない。

最近全然話題が入ってこない楽天koboさんとか、やるきあるのかな。(知らんだけでそこそこのシェアがあるのかもしれないが)

過激だけど、アマゾンから日本コンテンツの締め出しぐらいやっとかないと、牛耳られてからでは遅い。

幸いにしてコンテンツは日々新しい、素晴らしいものが生れるのがこの国の良いところで。

今は、書店、(紙での売り上げに比重がある)出版社、など、打撃受けそうなところ多いけれど。

一部のヒット作に頼って現状維持を考えて、細々とした改革しかしなかったら、先細りの一途だと思う。

 

もし自分がアマゾン自由にできるなら、日本の出版を乗っ取ろうと思ったらいろいろ案は考えられる。幸いにしてアマゾンからすれば、そんなものは微々たる金だから、積極的に実施はしてこないだろうけれど。

 

文章書くのへたくそです。

 

 

 

 

 

 

 

ラノベに対する無理解

某匿名日記で、

30代でも漫画読んでる人は理解が得られているが、30代でラノベ読んでいる人は理解が得られていないという記事を見た。

 

ラノベ読みの片隅に居て、それを周囲に公表してもいる自分はそうなんかな? と思うが、まあそんなもんか、とも思う。

 

 

ラノベ読みが軽視されている、時にはキモイとされる理由を考えてみると、経験であり知識の断裂があると思う。

 

知ってのとおり漫画というのは多様だ。

少年少女、誰もが、小学生時代から漫画を読んできた。

アニメとその原作という関係のある漫画も数多い。

男子ならコロコロコミックコミックボンボン(廃刊になった?)から始まって、週間少年ジャンプ、マガジン、サンデーなどを経由してヤングジャンプなどのヤング系に流れて……という経緯を辿ることがほとんどだと思う。

(てれびくんやテレビマガジンにも短いながら漫画は掲載されている、はず)

女子も似たような流れがあると思う。

 

途中で漫画から離れる人も多いだろうけど、なんとなく人から話を聞いたり、漫画原作のドラマやアニメなどに触れて、大人でも楽しめるという点を理解しつつ、成長していく。成人向け(アダルトとかそういう意味でなく)の漫画があるということをなんとなく知る。

 

翻って、小説に関しては漫画に比べて、入ってくる情報量が少ない。

仮に漫画を読む人読まない人の比率を8:2だとすると(比率は適当)、小説を読む人と読まない人の比率は2:8だ(比率は適当)。

 

そもそも小説を読んだことがなく、あるいは読書感想文の宿題で読まされたとしても、面白さという経験に繋がらず、趣味として読書が根付いていない。

 

周囲に小説読みが居ない。少ない。

マイノリティである小説読みは小説の楽しさを知っているが、一般の人には読むのに労力が居るということも知っているので、面白い小説があっても、人に勧めたりしない。漫画やアニメは簡単に勧められるのに。

せいぜい、アニメ化された、ドラマ化された、映画化された映像作品を勧める一情報として原作の面白さを語る程度。

 

ジャンルとしての小説っていうのがそもそも理解を得られていない。

その上でラノベに関しては、偏った情報のみが拡散されている。

萌えだったり微エロだったりと、典型的なオタクが好むコンテンツだと。

 

ラノベ読み自身でのラノベの定義があいまいな中では、世間一般の小説を読んだことのない人々にラノベの多様さを説明する面倒くささから皆逃げている。というか、それを熱く語ったところで、本を読まない人には意味の無い情報であるので、不毛なことはしないという達観か。

 

それに加えて。

ライトノベルというのは、漫画と同程度には多様で、あらゆる年齢層にリーチしているとは思う。

だが、明確に大人(や精神年齢の高めの少年少女)が読む一般小説というジャンルとラノベは隔離されている。

となれば、大人は一般小説、ラノベは中高生(あるいは大学生まで)という区分けがされてしまう。

 

「大人になったのに漫画ばっかり見て……」

に対しては、共感まではいかなくとも理解が得られやすい「大人向けの漫画がある」という返しができる。

「大人になったのにドラマ見ずにアニメばっかり見て……」

といわれると多少開き直ってそういう趣味だと言い切れるのかも知れない。

ジブリアニメや映画版のドラえもんクレヨンしんちゃんを引きあいに出して、言い返せるかもしれない。

 

「なんでラノベ読んでるの?」 という問いには、アニメ同様に大人向けの一般小説があるのに……という意思が見え隠れしている。

反論するにも、相手はそもそも一般小説すら読んでいない可能性が高い。

一から説明するのは非常に面倒なのである。

一般小説を読んでいる人に対しては、ラノベ寄りの一般小説や一般小説寄りのラノベを引き合いに出して説明できるのかもしれないが。

 

という風に結局ラノベ読みがいろいろ理解させることを放棄して、典型的? なラノベ像だけが世間に広まっているのが現状なのかなあとか。

 

 

あいかわらず文章まとめるの下手だなあ。

 

 

【小説家になろう】アクセス数が増えない、お気に入り、評価が貰えない、モチベーションが保てない【解決策】

おはこんばんちは、ぐらんこ。です。最近は只野迂舞某です。どうでもいいことですが。

 

さて、本記事は小説家になろうに投稿していて、書籍化とか狙ってみるか―みたいな夢を抱いているけれど、なかなか実情が厳しい人に向けて書いてみます。

 

昔、2ちゃんねるのスレで対策っぽいことがまとめられていました。

こことかです→http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1386573840/

要約すると……(多少独自の観点を入れていますが、なんてことないリライトっぽい内容だったりします)

 

アクセス数を増やすために!

①タイトルを見直す

なにはなくともタイトル。あらすじを読んでくれる人も居ますが、ぱっと目に着くのはタイトルです。これは投稿サイトだけでなく、本屋でも一緒です。

一般文芸とラノベを比較すればある程度傾向はつかめると思いますが、ラノベ系、特になろう系は、タイトルで大体話の流れがわかる作品が多いです。

×オーバーロード

×ログ・ホライズン

△この素晴らしい世界に祝福を

Re:ゼロから始める異世界生活

〇異世界迷宮で奴隷ハーレムを

◎VRMMOをカネの力で無双する

※主観での評価です。もちろんタイトルについてだけ

 

×は目を惹くタイトルでカッコいいですが、あらすじ読まないと何がなんだかわかりません。それでも作品の面白さがあればよいのでしょうけれど、まず誰かに読まれるということを前提にした場合、マイナス作用です。

他にはない作品の売りをきちんと表現するタイトルが良いでしょう。

とはいえ、キーワードは飽和してしまってます。(ハーレム、チート、ダンジョン、クラスごと転移などなど)

逆に言えば、そこにオリジナリティのあるキーワードをぶっこめないということは、その作品は仮に人気が出ても新しさがないので超人気が出ない限りは書籍化、アニメ化の流れに乗って行けない作品なのかもしれないということもお考えください。

(但し、中身が良ければありふれた題材でも人気作、出世作は生まれるでしょうけれど)

余談ですが最近読み始めて面白いのは『レベル1だけどユニークスキルで最強です』です。テンポが良くて、キャラが良くて癒される優しい世界なので。

 

②あらすじ

あらすじは難しいところです。長すぎても読んでもらえないし短すぎてもよろしくない。

いっそ割り切って、タイトルで書ききれなかったアピールポイントを補完する場ぐらいに考えた方が良いのかもしれません。

ストレスフリーな小説がやっぱり受けているので、(いや実際最近の人気作事情は知らないので情報古いかもですが)話の中盤ぐらいまで、どういう理由(チート、特殊能力)でガンガン行っちゃえてるのかみたいなことを書いたら良いのかもです。

前述の『レベル1だけど……』は

ブラック企業で過労死した佐藤亮太は異世界に転移して、レベルが1に固定される不遇を背負わされてしまう。
レベルは上がらない一方で、モンスターからその世界に存在しないはずのチートアイテムをドロップするという、彼だけのユニークスキルをもっていた。
それを知った彼は能力アップアイテムでステータスMAXになって、更に自分にしか使えない武器やアイテムの数々を揃えていき、レベル1のまま能力も装備も最強になっていった。

と、キャラクターやイベントには触れないで、主人公の特殊な能力にのみ触れています。

べつに本当のあらすじを書いてもいいかもしれません。無難に。

とりあえずタイトルで目を惹いて、あらすじまで来た人を落胆させない文量力が表現できていれば。

 

③タグ

タグについての効果は正直微妙です。

似たような人気タグは競合が多いですし、独自のタグだと検索する人が居ないからひっかからない。

だけども、新着一覧から読む作品を探している人も一定数います。

そういう人を逃さないために、チート、ハーレムなど需要のあるタグは積極的に付けるべきだとは思います。(もちろん作品の内容にあっているものを)

 

④背景色

見た目に拘るのは良い事ですが、独自の背景色を嫌う人もいるようです。

デフォルトからいじらず、無難で良いと思います。

どうしてもというのなら、ある程度読者が増えてから、活動報告や前書き、あとがきなどで聞いてみるとか。

 

⑤投稿時間

読者が多い時間帯は

・通勤、通学中

・昼休み

・夜

だと言われています。プラス、学生の下校時間、放課後とかですかね。

私的には21時~23時くらいかなーと思っています。

初期はやっぱり自分のお気に入り小説を読み切ってしまって、新しいのを探す人を対象にするのがよくて、そういう時間って夜だからです。

ただ、読者が多い時間は知れ渡ってしまっているので、作品投稿数も多いっちゃ多いです。なので、

 

⑥更新ペース

最近どうなのか知りませんが、投稿開始時に一気にブースとかけるために、2~3日は一日複数回投稿。

それ以降、物語が一応の決着がつくか、ある程度の文量になるまでほぼ毎日更新が良いと思います。

人気作に育てるには、毎日毎日新しい読者を獲得してお気に入りや評価ポイントを伸ばしていかないといけないからです。

現在、日間ランキング(ジャンル別、異世界&ファンタジー)の100位は70ポイント。

お気に入りだと35人。評価ポイントも入るとすれば、

3人が4:4の8で24ポイントでお気に入りが、23人。目指すところはこのラインです。簡単なようで一日でこれだけ獲得するのはまあまあ難しい。

 

⑦文字数

諸説あって結論は出てませんが、5000文字前後。

幅をとって、3000~8000ぐらいで自分の書きやすい文字数で。

根拠はありません。

 

その他

諸刃っちゃ諸刃ですが、2ちゃんねる等で晒す(読んでみてくださいと紹介)という手もあります。

現在は書籍化作家で何冊か出している人がそれをやっている場面に遭遇したことがあります。その作品はそこから人気が出て一気に書籍化に到達しました。

リスクはあるかもしれませんので推奨しませんし、自己責任で。

 

そうではなく、まっとうな手段として連携が簡単な、

・勝手にランキング

アルファポリス(バナー)

・ツギクル

(・ネット小説更新チェック)

などに登録するのは必須だと思います。

そこから流入してきた読者さんの2ポイントがその作品の運命を大きく変えることもあるのですから。

自作自演での掲示板への書き込みや組織票(←やっている人はいるでしょうけれど)、サブアカウントととっての自己評価など悪い事はやめましょう。仮にその作品が書籍化に足る作品であっても、ばれてしまって悪評が立ってしまうとぶちこわしになることもありますから。

 

ツイッターでの宣伝は効果があるんだかないんだかわかりません。

 

とまあだらだらと(既にある情報を)書きましたが、執筆は執筆で忙しいでしょうけれど、本当に沢山の読者に読まれる作品を投稿したいとお考えなら、

作品を面白くする努力はもちろんのこと、

今の人気作(同ジャンルの日間、週刊、月間ランキング上位)がどのような感じで投稿されているのかについてちょっと調べて戦略を立てるぐらいの時間は作るべきだと思います。

 

では ノシ

 

良き小説投稿ライフを!

 

 

 

 

 

日本で最初にアニメ化された小説作品はなに?

なんだろう? と気になりましたので調べてみました。

 

気になっているのは他にもありまして、

あ)著書が一番アニメ化された小説家

い)アニメ化された作品が一番多い漫画家さん

う)(本件に絡めて)ラノベ以外で最初にアニメ化された小説

 

い)は、手塚治虫藤子不二雄あたりじゃなかろうかなーと思ってます。なんせ作品数多いですし、レジェンドですし。ただFFはコンビでそれぞれの作品あるのでカウントどうするかでややこしそう。

 

あ)については見当もつかない。よくアニメ化されて2~3作じゃないでしょうかねえ。小説って書くスパンが長いから。意外と田中芳樹さんとかが上位にいそう。

英伝ラノベなんでしょうかねえ。あ、富野 由悠季さんとかアニメありきの作品は除きます。アニメ化って感じじゃないですから。

 

う)はひょっとしたらすごい昔になにかあったかもしれないですけれど、よくわからん。小説⇒映画orドラマ⇒リバイバルでアニメ化って流れはわりとあるように思います。

 

 

さて、本題の、一番最初にアニメ化された小説ですが

ウィキペさんによると、ラノベだと、

 

 ダーティペア1985年にサンライズからアニメ化されてるようですね。

これ以上古いのあるのかしら?

 

 

 

その後間があいて、

 

 

海がきこえる (徳間文庫)

海がきこえる (徳間文庫)

 

 が1993年。

8年ぐらい開いてるので、小説からアニメという流れがあんまりなかった時代でしょうか。

そもそもにしてラノベという概念が無かったような。(スニーカー文庫の設立が1987年なのでそこをラノベ元年とする説もあるらしい)

いや、ガンダムとかは1979年11月30日初版らしくラノベっぽいものは他にも沢山出てたし、(ジュブナイル? とか)

アニメとのメディアミックスというかアニメありきの小説版は良く出てたでしょうけれど。

 

OVAも1985に

 が発売されてます。

詳しくはwikiぺへ。

 

ついでに、アニメ化された時期を考えずアニメ化された古い作品だと時をかける少女

とかになるんでしょうかね。

 

そのうちはてなで聞いてみましょう。

 

追記:映画だと

 

 ってやつの映画が1983年で一番早そうです。

まんが日本昔話の原案が小説っぽく出てたらそれをカウントするのかどうかというのも思いつきましたが深入りしてません。

 

【乱文】一円(以下の)ライターやってたけど、未来が見えずに辞めた話

おはこんばんちは、もとい!

まいどぉ、おおきにぃ~、ぐらんこ。、改めまして只野迂舞某です。

2~3時間に一人ぐらいの逸材です。

 

わたしは基本的に人ゴミが嫌い。

それは、ネット環境でもそうで、yahoo知恵袋よりははてな人力検索、ランサーズやクラウドワークスよりは……というわけではないのですが、私が昔所属していたのは、もっと小さなライティングに特化した小さなクラウドソーシングサイトでした。

(これ書いたらわかる人にはばれるけど、元々はアフィリエイトの流れでクライアントの指定する商品の紹介記事書いたらそこそこの収入が得られるという案件がメインなサイトとして謳われてましたが、実際は薄利多売のブログ記事、リライト案件だらけのところ)

 

さて、文章力もそこそこないくせに、書きたいことを書かずにいられない性格で、文章も長くなりがちなわたしですが、特に反省もせずにこんな感じで書き進めます。

 

そのサイトでは、クライアント様からテーマが提出されていて、500文字以上で〇百円とか、小規模な案件が多かったです。

1文字一円どころじゃない。0.5円とか下手すりゃ0.2円。

あまり良く覚えてないですが、400文字×20記事で2000円ぐらいの案件受けたこともあります。(5000円だったか、600文字だったか10記事だったかは忘れました)

 

キュレーションサイト向けというよりは(キュレーションってなんなのか知らない)、当時はSEOのための被リンクサイトを作るため……や、ブログっぽい体裁でたまに主目的の商品紹介記事をねじこむみたいな、ほんとうに質より量、パクってなければ大丈夫というような案件が多かったです。

 

ちなみに、当時はツイッターやインスタや他サイトからの引用や転載は避けていて(というかそれは別の社員さんとか発注側が後でやってたのかもしれない)、文章もコピペ絶対禁止のリライトという微妙な指令を受けてポチポチキーボードを叩いてました。

 

そもそも、暇つぶしと多少の文章修行と、お小遣い稼ぎ(案件が少ないので月に数百円で終わることも多かったですが)のために、やってたので、そんなにあれこれ考えたたりせずに受けてたのです。

 

結局、自分の書いた、血も汗も思いも籠っていない文章、いやまあ、私が書かなければ誰かが書くんだろうけれど、そういう文章をインターネット上にばらまくのが虚しくなって辞めました。

 

逆に言うと、当時からナナピみたいな、ノウハウとかライフハックの記事作成もあったっちゃああったんでしょうけれど、知ってるテーマでちょっとだけ調べて、速筆にかまけて適当に仕上げるという私の執筆スタイルと合わなかったので手をださなかったのです。

 

今回、炎上したのは大手が質より量で、しかも引用、転載、リライトと呼べないコピーなどを推奨? 結果として多用してしまったサイトで、まあ医学知識とかないから、調べるの面倒で、リライトって思っているよりも面倒なので、私は手を出すことは無かったのですが、タイミングがあれだったらあれしてたかな? とか思わないでもないです。

 

では、まとめ。

 

私が過去にやっていた、そまつな記事の乱造や、今回のそまつな記事の乱造炎上事件でも、共通していえるのは、そこに読者が見えていないこと。

なのではないのかなあ? と。

だから、わたしは食指が動かない。

 

読者のためになって、あるいはその記事を書く意義みたいなものが見えてこない。

リライトのスキルアップなんてほぼほぼいらないし、医療系なり美容系なりダイエットの知識を得たところで、そっちの専門ライター目指している人以外には酒場での小ネタのひとつにしかならない。

執筆人生に寄与しない。(あまり。いやまあ、なんであれいつか役に立つ日も来るとは思うんですけれど。結局は付け焼刃じゃ通用しにくいし)

 

確かにインターネットで自由な時間に自由に稼げるという表の面だけをみれば、素敵なことかもしれない。

働く意義を見いだせないでお仕事してらっしゃる方も相当数おられる世の中だとは思っています。

 

ですが、私は(最近はとんとご無沙汰ですが)文字を書くのが、文章を紡ぐのがどうやら好きなようです。

なので、好きなことぐらいは、有意義に、目的持って、相手の顔を意識しながらやりたい。

思えば小説でも、読者を意識せずに書いたものは駄作となり、想定読者を置いて書いたものはそれなりに(というか自分自身のお気に入りの作品と)なる。

 

もう少し未来になって、(すでに文章リライトツールなんてのはできつつあるみたいですが)、コンピュータが人間と遜色ない文章を書けるようになるまでは、手を変え品を変え、形を変え、1円ライターへの発注は亡くならないのかもしれない。

 

そこに加担するのが悪いこととは言い切れないけれど、”お金のために”以外のなにかを見いだせないなら、後で後悔しそうです。少なくとも文章を好きな人、文章をお金に変えつつ、自分を伸ばしていこうと考えている人にはそういうことをやって欲しくない(より正確に言うには、やってもいいけどはやめに気づいてね)。

 

あとは自分の話になりますが、

今年、ちょっとしたライターの仕事もやってみて、ちょっとしたフリーペーパーを作らせていただきました。良い経験でした。でも、なんか違うと思いました。(結局継続しての依頼があったのですが、スケジュールその他もろもろの関係上おことわりしてしまいましたが)

 

やっぱり物語の魅力に取りつかれてるんでしょうね。私は。

最近は、アニメが作りたくてしょうがないですが。

 

まあ、いろんな人が居るから、ライターになりたい人も、リライトが好きな人もいるんでしょう。

でも、やっぱり誰かのためになるってことを意識した、血の通う文章をみんなで書いて行けたらなあと、文字書き界の片隅におられるぐらんこ。(只野)は思います。(自分に対する自戒も含めて)

 

そういうお手伝いが出来たらなあという意味で、1円ライターからは足を洗い、

ラノベ系小説のプロローグ執筆(2000文字500円)

電子書籍作成のお手伝い(500円)

・クリエーター応援サイトでパトロンの募集

で、小銭稼ぎにもならないようなことをやっております。

プロローグ書きの単価上げようかな。でも、ワンコインで気軽に頼めるからこそ意義があるんだろうな。ちょいちょい依頼くるし。

 

では ノシ

【セルパブ】2016年9月のDL数まとめ【電子書籍】

おはこんばんちは、ぐらんこ。です。

 

KDP 6冊

BW 57冊(うち、無料DL9冊)

 

でした。

 

KOBOさんは売れてません。

 

KDPでは未だに、80円の異世界ココメディ

初めての『異世界トリップ』入門 (ららさあ文庫)

初めての『異世界トリップ』入門 (ららさあ文庫)

 

 が主力のようです。そんなに数は出てないですが。

 

BWインディーズさんでは、表紙がいいのか、普通のラノベ

bookwalker.jp

が売れております。

 

BWさんでは、定期的にインディーズ作品を300円とか購入したらコインアップキャンペーンをやっているので、『初めての異世界トリップ入門』は既に、そういうキャンペーンに参加する人には行きわたってしまったと考えることでもできるでしょう。

(実際にBWさんのDL数のほとんどはキャンペーン中にDLされたものです)

あと、『初異世』は、沢山売れた分、レビュー☆が付いて、その平均点が芳しくないという理由もありそうですが。

 

珍しく、『病弱ロリ魔王の復帰第一歩は院内学級の制覇から? ~とかいうのはいろいろ間違っててまじチラ裏~』がちょびっと売れたりと、まあまあ良い結果の9月でした。

 

やはり、戦略としてはキャッチーな表紙でそれっぽい作品なんでしょうか。

どうやら、最安値の99円や異世界ものに拘る必要はなさそうだと感じています。

(それよりかは、明確に表紙に美少女を配置したほうがよい。

 じじいが表紙の

bookwalker.jp

はあんまり売れてません)

 

美少女表紙で新刊を続々出していくというのがとりあえずの方針になりました。

 

近日中に、15万文字ある普通のラノベを5分割して、販売予定です。ぐらんこ。的には初の作品分割です。

BWさんでは1巻は無料。

KDPでは無料のやり方わからないので最安値の99円で売ってみます。

 

一部では評判の良かった作品です。表紙もいいものが出来てます。

 

f:id:grankoyan2:20161004162925j:plain

 

 

では ノシ

集え! 物書き!! 次世代Webコンテンツサイト ツギクルが熱い!!

※本記事はぐらんこ。あらため、只野迂舞某が勝手に書いた記事であり、只野はツギクルさんの一ユーザーにしかすぎません。

 

SBクリエイティブが満を持してひっそりとリリースしたサイト、『ツギクル』を知ってますか?

 

まさに次世代なんです! 作家志望者さん、物書きさんには欠かせないサイトになると思います。

今回はそんなツギクルさんのご紹介をしたいと思います。

 

まずは何ができるか?

これは小説の投稿ができます。

まあ小説投稿サイトとしては当たりまえですね。

 

さらに!

外部サイトの小説を登録できます!

例えば、小説家になろうで連載している小説のURLを登録するだけで、ツギクルにも登録できるのです。もちろん小説家になろうなどの投稿サイトだけでなく、自分のブログとかでもOK! (noteとかでもいいんじゃないかな? 規約良く読んでないけど)

 

登録すると何ができるかというと、ランキングバナーを張っておくと(おそらく)アクセス数を元にランキングに重要なツギクルポイントが得られます。

また、ツギクルユーザーさんからコメントやレビューなどがいただけちゃう(かもしれない)

 

アルファポリスというサイトがあるのですが、ほとんど似たような感じです。

 

さらに!

ツギクルさんでは、コンテストも開催されました。

まあ、こちらは小説家になろうとの連携ですので、なろうさんで投稿する必要があります。

(ぐらんこ。も昔書いた作品で応募してみました。

わりとテソプレな異世界転生

既に1000作以上が応募されている中で総合ポイントで30位以内につけてます!)

 

なろうさんと連携するのは、初期ユーザーを増やすためでしょうね。ツギクルさんの認知を増やすということで。

 

で、さらにですが、ツギクルさんで出版化トライアルという制度が始まったようです。

作品を投稿してツギクルポイント(アクセス数やら評価やらで算出?)が1000ポイントを超えると、出版化の申請が行えるのです! (あくまで申請であり、出版化されるかどうかは審査を待たねばならない)

確実な道ではありませんが、人気WEBコンテンツを発掘するというツギクルさんならではの制度ですね! (某アルファポリスでも同じようなサービスありますが)

 

今後は作品をAIによって分析するという斬新な(クランチマガジンでもやってましたが)機能も実装されるようです!

 

まとめると、

小説が投稿できる! (どこでもできる!)

小説をURLで登録できる! (ランキングサイトとかアルファポリスとか!)

小説賞が開催! (なろうでいつもやってる!)

レビューやコメントが貰える! (大体どこでも!)

ツギクルポイントが多ければ出版申請が出来る! (アルファポリス!)

AIによる分析! (クランチ!)

 

と、それほど目新しいことは余りないのですが、SBクリエイティブというちゃんとしたバックがついてますので、これから大注目のサービスになると思いますよ。逆にほぼほぼやってることが一緒の老舗のアルファポリスがどうなるのか? という心配はありますが、物書きからすれば選択肢が増えたのは単に嬉しいことです。

 

読者ランキングなどもあり、今後は読み専を集める企画とかもありそうです。

オープンして間もないので(登録作品533作品)今が狙い目です。やっぱり今の所異世界ファンタジーが強いようですが、他のジャンルも登録できますので。

 

では、なんのひねりもないご紹介記事でした。